1.TOEICの点数について

TOEICは、ご存知の通り合否を判定するテストではありません。
その人の英語力のレベルをスコアという点数で示すテストです。

となると点数が非常に重要になってくるわけで、
また、それぞれの点数が意味をなしてきます。

TOEICの点数が留学や昇進の基準になったりするのです。

ではTOEIC 点数の基本的なところから御説明しますと、

まず、最低点は0点ではなく10点で満点は990点です。
内訳は、リスニングの最低点は5で満点が495、
リーディングも同じく最低点は5で満点が495で
合計して TOEIC全体で最低点10~満点990となります。

また、点数は5点刻みです。
最低点、満点とも、なんとも中途半端な点数なんで、
なぜ切りのいい最低点0+0=0、満点500+500=1000にしなかったのか不思議ですが・・・・・。

それはさておき、
TOEICの点数の平均点は、いったい、どれくらいなのでしょうか? 

TOEICの平均点は、実施回毎での大きな差はなく、
おおむね560~580台位の間で推移しています。

新TOEIC試験は難易度が増したといわれてますが、
平均点自体は、新旧両方のTOEICともに大差ないようです。

また、リスニングとリーディングでは、
なぜかリスニングのほうが平均点が50~60も高いそうです。
これも新旧両方のTOEICで同様の傾向が続いてるとのこと。

リスニングに対する苦手意識が強い日本人にはなんだか意外な結果ですね。

では、TOEICの点数から自分の英語レベルを、どう認識すればよいのでしょうか?

その判断基準として、
TOEICでは、最低点10~満点990のスコア間をA~Eのレベルに分け、
レベル毎にガイドラインを設けています。

また、国内有名企業に就職するために必要なTOEICの点数って
どれぐらいなんでしょう?
ちょっと調べてみました。

また、
TOEIC 点数とTOEFLや英検、国連英検など他のテストとの相関も気になるところです。
自分の取ったTOEICの点数がTOEFLや英検、国連英検テストなら、どのレベルなのか?
はたして合格レベルなのか?そういった比較も気になります。
TOEICのA~Eのレベル毎の判断基準やTOEFLや英検、国連英検テストとの比較も
あわせて以下に示します。